内容をどうイメージにするか?

グラフィックレコードをやってみたいという方や、グラフィックレコードの基本をお伝えした方などで
「簡単に描けるといっても、どういう風に描いたらいいかぱっと思いつかない」
とおっしゃる方が多いです。

だけど、まだやっていないのに、もしくはちょっとやってみたくらいで、思いつかなくて当たり前。

 
私の場合、グラフィックレコードというものを知ってはじめたのはここ数年ですが、話に合う絵を描くということを長年やってきていました。
子供が小さい頃は、成長記録や子供のおもしろかった発言や行動を記録するときに、その内容に合う絵やまんがを添えていたり。
自分の記録や発信のためにブログをはじめてからは、内容のポイントをイラストやまんがにしたり、書いていることのイメージがわかりやすいアイキャッチを描いたり。
記録とかブログとかのためなので、たいして時間もかけずにぱっと描いてわかりやすくしておくだけの、簡単なイラストやまんがです。

そうやってほぼ毎日描いている時期や、間をあけつつも続けていた時期も含めたら10数年も「内容に合うイメージを考えてぱっと描く」を続けています。
結構いつも、この内容ならこんなイメージかな、というのを頭に浮かべながら見たり聞いたりしている癖がついています。

だから、グラフィックレコードでもある程度イメージが思いつきやすい。

それでも、いいイメージがすぐに浮かばないこともあるし、思いついても短時間で描けないとか自分の画力では足りなさそうって思うこともあるし、そういうときは文字で補足するなど工夫します。

イラストを描くこと自体も慣れで上達できる範囲は大きいけども、イメージを思いつくことはそれ以上に練習したらできることだと思います。

実際描いてみなくても、こんな風に描こうかなと考えるだけならいつでもできます。
思いつかなかったら、画像検索などして、こういう風に描けたらいいかもと思えるイメージを見つけておいたらいいだけです。知っているイメージがあれば、似たようなものを思いつきやすくなる。

イメージすればするほど、練習すればするほど、描けるようになるのもなので、「描けない」「難しい」とあきらめる前にぜひ試してみてくださいね。

何にどんな風に使いたいのかによっても合う練習のしかたは違うので、効率よく身に付けたい方やイメージにしていくコツが知りたい方はぜひご相談ください。

Sitemap