目標を立てるべきなのか?

新年といった大きな区切りの時期には、目標ややりたいことを決める方がたくさんいらっしゃいます。

目標、立てましたか?
どんな目標立てたでしょうか?

目標が合わないなら目標立てない方がいい。
いまいちな目標ならつくらない方がいい。

目標を立てると進みやすくなる人は、目標を決めてどんどん進めばいいでしょう。
でも、目標を立てない方がうまくいく人もいます。

やりたいことや目指しているものがあるのなら、やっていったらいいでしょう。
でも、特に思いもないのに何か決めなければとひねりだす必要はない。

逆算して綿密に計画立てて進むのが得意な人もいるし、おおまかなことだけ決めておく方がいい人もいます。
ひとりでじっくり進められるようにするのがいい人もいるし、仲間と一緒に進むのがうまくいく人もいます。

いろいろなタイプの人がいて、さまざまな目指すことがあって、それぞれ目標の立て方や、目標決めるかどうかは、合うものが違います。
一度これといった目標を立てたからといって、状況の変化や進捗によって変わってくるものでもあります。

だから、目標を立てるのがいいというわけではない。
目標を立てて実行していくのがいいというわけでもない。

あなたが進みたい未来のために、必要なら目安として設定したらいいし、合わないなら取り入れなくていい。

そして、何より大事なことは、
その目標は、あなたがほんとうに実現したいことですか?

目標らしきよさげなことを宣言するのではなく、こうするべきとかこうしなければというのでなく、
本気でほんとうに自分が実現したいと思っていることですか?

ささいなことのようでも、大きすぎることのようでも、自分が本気で実現したいことをやる。
自分がほんとうに実現していことに、必要なことをやる。

目標を立てるなら、実現したい何かのための道しるべとして、自分が描く未来を実現するための目標を。

nano-designsの思考整理セッションであなたに最適な目標を設定しませんか?

Sitemap