「ほんとうのことば」は相手を見ていて出てくることば。

自分だけのため、利己的なことでなく
相手のため、に伝えるから
(それが、結局自分のためになるので、自分のためでもあるのだけど)
相手に伝わる、のだと思う。

相手のためになるかどうかは相手が決めることなので
相手のために、というか
相手のことを見ていてのことばかどうか。

自分のためだけ、というよりも
言い訳とか保身とか嘘やごまかしだったりとか
自分のためにさえならないことばは

いくら取り繕っても、いくらうまく話そうとしても
うわすべりでことばだけが流れていくのみで、意図するとおりに届く気がしない。

本心でないこと、ほんとうのことでないことは
結局なんのよいことでもなくて、自分のためにも相手のためにもならないことで
それは話す側もわかっていることなので、
いくらわかりやすく伝わりやすく話したとしても、ことばに本気の想いがのらないのだろう。

想いがのっていないことばは、ただの文字列で、
ただその文字どおりの文字列として表面を流れていくので
相手の心深くまで届くこともなく、聞いただけで流されてしまうのだろう。

自分に都合のよいことば、は
相手のためにならないだけでなく、自分のためでもない。

自分のために伝える、というのは
自分に都合がよいようになるために、ではなくて
ほんとうに自分のためになるように、ということで
それは、自分だけのためではなく、相手や、まわりや、いろいろなことのために結び付くだろう。
本気で、それを伝えるべきだ伝えたいと思って伝えることになるだろう。

相手のことを見てでてくることば、
相手も含めて自分のために真剣に考えてでてくることば、は
本気でほんとうのことばで、自分のためにも相手のためにもなるから
伝えたことが相手に届くのだ、と思います。

Sitemap