伝えるということ、聞くということ。

伝える、ということは
ただ相手にことばが聞こえるようにする、というわけではない。

相手が自分の言っていることを聞いて
聞いたことを理解して
それではじめて、伝わった、と言えるのです。

(伝わったあとどうするか、は相手次第で
伝え方によって変わるものだけどもそれはまた別途)

ただ相手に向かってことばを発した、相手が耳にした、それだけで、
「伝えた」のだという人もいるけども
耳にしたってきちんと聞いてくれてはいないかもしれない、
聞いていたって思ったように理解してくれてはいないかもしれない、
それを「伝えた」と思ってしまっては、もったいないの思うのです。

伝えたいことがあるから、伝えようとするのでしょう?

だったら、
放ったことばを受けとめてもらえるようにして
受けとめたことばを理解しようとしてもらえるようにして
意図したように理解されているのか確かめて
伝えたいことが相手に届いたのだ、と自分が信じられる
くらいに
伝わるように伝わるようにと工夫したくないですか?

伝えたい、と思う側が、自分が思うように伝わるように努力しないと
自分が思うようには伝わらないものだと思うのです。

(それでもほんとうに伝えたいように伝わったかわからないのに。)

同様に、
聞きたい、聞いて理解したい、と思うなら
ただ耳にしただけで、聞けた、というのではなくて

自分が相手の言っていることを聞いて
聞いたことを理解できたと思えるまで咀嚼して
理解したと思ったことが相手の意図に沿ってるか確かめて
それではじめて、聞きたいことが聞けたのだ、と信じられる
と思えるのではないでしょうか。

聞きたい、と思う側が、自分が思うように聞けるように努力しないと
自分が思うように伝えてもらえないものだと思うのです。

伝えたい、と思うなら、納得いくまで伝えてみませんか?
聞きたい、と思うなら、納得いくまで聞いてみませんか?

それくらい伝えあってみたら
関係性もそこから生まれる結果も変わっていくと思うのです。

Sitemap