進みたい先を持っておく、のが大事だということ。

当たり前のようで、目の前のことに気をとられるとできなくなったりするのだけど
自分がやっていることがどこにつながるのか、を意識しておくのは大事。

以前
「何かやるのに、
やっていくことの方向性、を決めるとか
やること、を決めるとか
動くのになんらかの目的地なり道のりなりもっておく必要はある」
と書いたのだけども

最近思うのは
ゆるくでもいいから進みたい先を持っておく、というのが大事だなぁ、ということ。

やること、を決めていたら、それをやるだけ、なのだけども
やること、そのものに目がいってしまうと、
目先のことばかりになって、先々まで見えなくなったり、全体が見通せなくなったりする。

やっていく道のり、を決めていたら、そのとおり進めばよいのだけども
道のりとその上でやること、を見ていると
その道の先々や、やっていること、は見えるけど、それ以外のことが見えづらくなる。

だから、
これだ!と決めすぎずに、ここを見る、となりすぎずに
ゆるくなんとなく進みたい方向を見ながら進んで
なんとなく目指すところを見つつも、そこまでの全体が見れる状態で
道のり変えたりやること変えたりしつつも、なんとなくその方向に進める、
というのがいいのではないかと思う。

そういう、なんとなく進みたい方向、を
決める、のでさえなく、ちょっと持っておいて、
持ちかえたり手放したりもありだよね、くらいで見ておくのがいいな、と思っています。

Sitemap